実績紹介

本ページでは、EASEL製品、カスタム製品の実績紹介と、LoRaのシステム導入例を掲載しています。

モジュール導入実績

LPWA長距離無線機 OWLCODE(オウルコード)

東朋テクノロジー株式会社様
製品:OWLCODE(オウルコード) / 型名:OC915

東朋テクノロジー株式会社様が開発したLPWA長距離無線機「OWLCODE(オウルコード)」にはES920LRが採用されています。ES920LRを用いた長距離無線通信により多くの費用が掛かる配線工事が不要となり原価低減に貢献します。

OWLCODE(オウルコード)ではアナログやデジタルの入出力を無線通信可能で、4~20mAのアナログ値を監視し、必要に応じて接点信号を送信することができます。また、個別設定をユーザー様にて設定頂くことが出来るようにユーザーツールを準備しております。

簡易仕様:
電源DC24V。DINレール取付。差し込み端子台を採用。オプションとしてアンテナ延長ケーブルもご用意しております。Di 2点、Do 2点、Ai 2量、Ao 1量を双方向通信可能な無線機(免許不要)です。

詳細はコチラ >> OWLCODE(オウルコード)

製品のお問い合わせ先
メール ele-info@toho-tec.co.jp
電話  0587-81-3151
部署  エレクトロニクス IoTソリューション事業部 営業

使用した製品:

LED警告灯(回転灯)制御無線リモコン

株式会社日惠製作所様
製品:電波式無線リモコンMUS03型

株式会社日惠製作所様の電波式無線リモコンMUS03型および受信基板にはES920が採用されています。
ES920は低コストで見通し最大500mの到達距離を実現します。

LED警告灯(回転灯)は、道路・鉄道などの保安作業時や、高所作業者への注意喚起、商店などの犯罪発生時の外部警報など、私達の身の回りの様々な場所で使用されています。
電波式無線リモコンMUS03型は、LED警告灯(回転灯)のON/OFFを最大5台まで遠隔操作可能です。
オートパワーオフ機能で電池消耗を大幅に軽減しています。

詳細はコチラ >> 電波式無線リモコンMUS03型

使用した製品:

LoRa カスタム&ODM

ドローン遠隔制御

株式会社自律制御システム研究所様
システム名:ドローン遠隔制御

株式会社自律制御システム研究所様の自律航行ドローン(無人航空機)の無線通信制御にはES920LRとES920が採用されています。パソコンと遠隔飛行中のドローン間はES920LR(プライベートLoRa)による長距離通信が使用されています。また短距離用途として同形状のES920を採用することで基板・筐体を共通化しています。

ES920LR(プライベートLoRa)を使用したドローン遠隔制御は、自律航行により目視できない場所をドローンが飛行している場合でもパソコン側にUSBドングルを接続することでドローンとの遠隔通信を実現し、遠隔地からドローンを手動操縦で制御することが可能となっています。

ドローン             USBドングル
ES920/ES920LRモジュール搭載

詳細はコチラ >> 自律制御システム研究所

使用した製品:

現場測定器データ遠隔通知

株式会社竹中工務店様
サービス名:現場測定器データ遠隔通知

株式会社竹中工務店様の「現場測定器データ遠隔通知」ではES920BLE-S2が採用されています。
ES920BLE-S2は、BLE(近接無線技術)とLoRa(長距離無線技術)の長所を併せ持ったハイブリットルーターです。

現場測定器データ遠隔通知は、測定器のBLEデータをES920BLE-S2にて受信し、LoRa長距離通信により、数Km先のES920BLE-S2へ送信します。受信したES920BLE-S2は近接のタブレット端末にBLEデータを通知することにより、遠隔地にて現場に設置された各種測定器の値を取得することが可能となりました。これにより、現場に赴く事無く測定器のデータを遠隔で確認することが可能となります。

現場測定器データ遠隔通知構成図

使用した製品:

山岳スキー/登山者 追跡システム

株式会社博報堂アイ・スタジオ様
サービス名:TREK TRACK

株式会社博報堂アイ・スタジオ様の山岳スキー/登山者向け位置追跡システム「TREK TRACK」にはES920LR、ES920GWXが採用されています。
ES920LRの特徴である長距離無線通信とデバイス毎の通信費用が掛からないプライベートLoRaを採用されたシステムです。2017年から継続稼働中です。

TREK TRACKでは専用デバイスを所持することで携帯電話の圏外地域でもリアルタイムに位置情報を取得します。取得した位置情報は3DMap化された地形上に表示され、パソコンやスマートフォン、タブレットのWEBブラウザで確認可能です。いざという時はデバイスのHELPボタンを押すことにより予め登録済みの緊急連絡先にHELPを通知します。

山岳スキー/登山者 追跡・緊急通知システム構成図
山岳スキー/登山者 追跡・緊急通知システム構成図

詳細はコチラ >> TREK TRACK

使用した製品:

無線通信による遠隔検針ネットワーク構築及び運用業務委託

大阪市水道局様
無線通信による遠隔検針ネットワーク構築及び運用業務委託

大阪市水道局様と共同で行った本件は、水道メーターの遠隔検針を行うためLoRaユニットにES920LRを採用しています。ES920LRは、プライベートLoRaだけでなく、ファームウェアを書き換えることでLoRaWAN(Class A)デバイスとしても使用できます 。また、試験運用中の2019年6月末にはG20大阪サミットが実施され、期間中のテロによる水道インフラの妨害(被害)監視にも貢献することができました。

本件では、デジタル水道メーターの検針値とアラート情報を収集するため、遠隔検針ネットワークをLoRaWANで構築し、スマートメーター化しています。これまでは検針員を現地に派遣してメーターの目視による検針をしていましたが、スマートメーター化することによりデータが定期的にサーバーに通知され、検針員の負担軽減、難検針の解消、異常時の早期発見といった業務の効率化を可能にしています。

水道メーター遠隔検針システム構成図
遠隔検針ネットワーク構成図

使用した製品:

カスタム・ODM

デジタル簡易無線受信機

東京保機エンジニアリング様
製品:デジタルぶるぶる君

鉄道保守等に使用されていた467MHz帯アナログ簡易無線がデジタル方式に切り替わる事もあり、より軽量で小型なデジタル式受信機の開発を行い、東京保機エンジニアリング様へ納入しています。本案件は、仕様検討~回路設計/基板設計~ケース設計/金型製造~量産製造まで行っており、ODM供給しています。
現在は、本製品の販売も行っております。

同受信機は、市販トランシーバーからの通話を受け、受信検知用バイブレータ振動後、通話を受信できます。約1Kmでの通信が可能であり、デジタル方式のため騒音の多い場所でもクリアな音声が特徴です。


デジタルぶるぶる君装着イメージ

詳細はコチラ >> デジタルぶるぶる君

その他のLoRa導入例

こちらでは、従来のセンシング技術や無線技術とLoRa長距離無線を組み合わせたLPWAのIoTシステム例をご紹介します。

広域BLEビーコンシステム

広域BLEビーコンシステムは、LoRaの長距離通信とBLE(Bluetooth Low Energy)の特徴を組み合わせたシステムです。
BLEビーコンシステムではスマートフォンで受信可能なビーコン情報を発信します。店舗やショッピングモールにビーコン発信ユニットを設置する事で半径30m程度のエリアに近づいた人のスマートフォンへのプッシュ型情報配信に利用できます。発信するビーコン情報はLoRaによる長距離通信で遠隔から切り替える事が可能です。

BLEビーコンとアプリ画面切り替え店舗前ユーザへのプッシュ配信(BLEビーコン)

本システムは、ES920GWX2、ES920BLE-S2の組み合わせで実現します。

広域BLEビーコンシステム構成図

1. 店舗やショッピングモールの管理者がWeb経由でビーコン情報の切り替えを行います。

2. 3G/LTE回線でES920GWX2がサーバーからビーコン情報を受信します。(上図の赤破線)

3. ES920GWX2からES920BLE-S2へLoRa通信でビーコン情報の切り替えを通知します。(上図の青破線)

4. ES920BLE-S2は発信するビーコン情報を切り替えます。

屋内向け見守りシステム

屋内向け見守りシステムはLoRaの長距離通信とBLE(Bluetooth Low Energy)の特徴を組み合わせたシステムです。
BLEを搭載した家電、人感センサ、ベッドの離床・体動検知センサ等を設置し、家電の使用頻度、人感センサ等による居室行動有無をLoRa通信により遠隔通知する事が可能です。
一定時間反応がない場合のアラート検出などで見守り用途に利用できます。

屋内向け見守りシステム構成図

システムの特徴
・複数のBLE搭載センサの組み合わせで安否状況の確認が可能です。
・各宅毎の通信にはLoRaによる長距離通信を使用するため、通信コストは掛かりません。
※ゲートウェイからサーバーへの通知に3G/LTE回線を利用する場合は、別途データ通信費用が掛かります。

屋内外向け位置検知システム

LoRaの長距離通信とBLE(Bluetooth Low Energy)の短距離通信、GPSの衛生測位の特徴を併せ持つES920LRBGにより広域エリアでの位置検知を行うシステムです。
屋外ではGPSによる位置検知、屋内ではBLEによる位置検知を行い、LoRa通信により位置情報をサーバーに通知することで対象の現在位置および移動経路を追跡することが可能です。
見守りや機材の位置検知に利用できます。

屋内外向け位置検知システムイメージ図

システムの特徴
・ES920LRBGの位置をGPSで測位し、LoRaにて数km先のゲートウェイに送信します。
・GPSの測位が困難な場所では、ES920BLE-S2でES920LRBGのビーコン情報をキャッチしLoRaにて数km先のゲートウェイに送信します。
・ES920LRBGからゲートウェイへの通信にはLoRa、BLEによる通信を使用するため、通信コストは掛かりません。
※ゲートウェイからサーバーへの通知に3G/LTE回線を利用する場合は、別途データ通信費用が掛かります。

製品に関するお問い合わせ

製品に関してのご質問、ご相談、お見積りの依頼は、以下のボタンからのお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせはこちら

© EASEL Inc. All Rights Reserved.