開発/評価キット ES920SDK2/ES920LRSDK2

ES920SDK2/ES920LRSDK2は、無線の通信評価が簡単・手軽にできる開発評価キットです。
本評価キットにはワイヤーアンテナタイプのモジュールが含まれています。
※弊社より初めて無線モジュールを購入する場合は、まずは本キットからご購入ください。
※920MHz帯FSK変調の中距離無線モジュールをご希望の方はES920SDK2をご購入ください。
※920MHz帯LoRa変調の長距離無線モジュールをご希望の方はES920LRSDK2をご購入ください。

ES920SDK2(ワイヤーアンテナ)

<同梱内容>
・ES920EB(評価ボード)×2
・ES920A1B×2
・ミニUSBケーブル×2
・CD-ROM×1

ES920LRSDK2(ワイヤーアンテナ)

<同梱内容>
・ES920EB(評価ボード)×2
・ES920LRA1B×2
・ミニUSBケーブル×2
・CD-ROM×1

付属CD-ROM内容

・ソフトウェア環境説明書
・コマンド仕様ソフトウェア説明書
・ソースコード一式
・実行ファイル(*1)
(*1)SDKに同梱されるモジュールには既に書き込み済みです。

主な特徴

製品到着後、直ぐにLoRa通信の評価が可能

本製品に同梱されているモジュールには、ファームウェアを書き込み済みで、お手持ちのパソコンに繋げて直ぐに通信評価が可能。
モジュール同士(親vs子、子vs子)での双方向通信が可能なので、ゲートウェイは不要。
※LoRaモジュールのファームウェアをLoRaWANでご希望のお客様は注文時にお申し出ください。
※ファームウェアがLoRaWANの場合、モジュール同士の双方向通信はできませんので、お客様ご自身でLoRaWANゲートウェイをご用意していただく必要があります。

シンプルなユーザインタフェース

パソコンのターミナルソフトウェア(Tera Term等)から入力したデータをモジュールに送信すると、対向モジュール側は、受信したデータをパソコンのターミナルソフトウェア上に表示するシンプルインターフェース。

コマンドにて無線パラメータの調整可能

無線チャンネル、帯域幅、拡散率などの各種無線パラメータは、パソコンからコマンドにて設定可能。
設定したパラメータは、パソコンからセーブコマンドを入力することでモジュールの内蔵Flash ROMに書き込む(保存する)ことができます。

ソースコード一式提供

開発環境をお持ちの場合は、SDKに同梱されているCD-ROM内のソースコードを編集してアプリケーションをカスタマイズすることが可能。
※LoRaWAN版のソースコードは配布していません。

PrivateLoRaSDKSetting
項目 仕様内容
型名 ES920SDK2 ES920LRSDK2
無線方式 920MHz帯FSK / 920MHz帯LoRa
アンテナ ワイヤーアンテナ
PC接続 ES920EBからUSBミニケーブル接続

製品に関するお問い合わせ

製品に関してのご質問、ご相談、お見積りの依頼は、以下のボタンからのお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせはこちら