920MHz帯FSKモジュール

工事設計認証(技適)取得済み

ES920は、FSK変調を採用した920MHz帯中距離無線モジュールです。
2.4GHz帯では通信が困難であったエリアをスター型ネットワークにて接続します。
LoRa変調と比較すると通信距離が短くなる分、通信速度が高速で50Kbps~100Kbpsの伝送速度を出すことが可能です。

外付けアンテナタイプ

ES920 ES920B

SMT実装用

評価/開発用

ワイヤーアンテナタイプ

ES920A1 ES920A1B

SMT実装用

評価/開発用

主な特徴

複数インターフェース対応

インターフェイス:UART・SPI・I2C・ADC・GPIOに対応。

コストパフォーマンスに優れた設計

RFとARM Cortex-M0+が1チップとなったICを採用し、周辺回路の最適化によりローコスト化を実現。
ユーザーボードへの実装はSMT実装タイプのため、ユーザー側実装コストを大幅に低減。

Simple軽量な通信プロトコル

通常のIoT化には不必要なWi-SUNを未搭載とし、より確実・レスポンスのよいプロトコルを採用。

広域ネットワークを可能とする独自アルゴリズムによる自動ルーティング

様々な条件により最適化する必要のあるルーティングソフトは、自社アルゴリズム設計のため、あらゆる条件下でのチューニングが可能。

ニーズに応える4つのモジュールタイプをラインナップ

外付けダイポールアンテナタイプとワイヤーアンテナタイプ(*)、及び各アンテナタイプの評価・開発用モジュールの計4モジュールから選択可能。 ES920LRシリーズは、下記の4つのモジュールタイプを準備しています。

(*)アンテナ形状、寸法等は、資料ダウンロードページの「アンテナ資料」にてご確認ください。

取扱説明書

項目 仕様内容
型名 ES920
周波数 920.6~928.0MHz
伝送速度 50kbps/100kbps
送信出力 13dBm(20mW)以下(※ソフトウェアによる変更可)
受信感度 -102dBm
MCU部 ARM Cortex-M0+
メモリ FlashROM:128KB、RAM:16KB
消費電力 Tx:45mA(13dBm設定時)、20mA(0dBm設定時)
Rx:16mA
Sleep:1.7uA
インターフェース UART、SPI、I2C、ADC、GPIO
電源電圧 1.8~3.6V
動作温度範囲 -40~+85℃
接続端子 26QFN
基板搭載 SMT実装タイプ
外形寸法 24.0×17.0×2.3mm

製品に関するお問い合わせ

製品に関してのご質問、ご相談、お見積りの依頼は、以下のボタンからのお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせはこちら