温湿度センサユニット ES920LRTH1

IoT向け通信評価用として使用可能な温湿度ユニットです。
内部にはワイヤーアンテナタイプのLoRaモジュールと温湿度センサを搭載しており、IoTシステムの実運用に近い評価が可能です。
電源にはコイン電池(CR2450)を使用します。
ES920LRGWと組み合わせる事で手軽にIoTを体験できます。

小型軽量サイズのケースにCR2450を搭載し、センシング間隔によってはおよそ10年のメンテナンスフリーとなります。
従来、都度目視で行っていた温湿度管理を自動化し、自動的なデータ管理・アラームシステム(メール配信)の構築が可能となります。

※ES920LRTH1は基板のみの製品です。ケース(3Dプリンター製作)は別売りとなります。

主な特徴

高精度温湿度センサ搭載

温湿度センサはセンシリオン製SHT-21を採用、バラツキの少ない高精度なデータ取得が可能。

LoRaによる広域ネットワーク構築

LoRa長距離無線の特徴を生かし、ゲートウェイ:センサユニット=1:Nの広域スターネットワークの構築が可能。

プライベートLoRaとLoRaWANのプロトコル選択可能

ファームウェアの書き換えをすることで、プライベートLoRa(EASEL独自プロトコル)とLoRaWANのプロトコル選択が可能。
LoRaWANは日本仕様のVer1.0.2に準拠。

長期間のメンテナンスフリーを実現する低消費電力動作

低消費電力化によりコイン電池CR2450で約10年(*)の連続稼働を実現。
(*)無線の設定や通信環境に依存します。

モニタリングソフト(オプション)購入で直ぐに稼働可能

プライベートLoRaであれば、温湿度センサユニットからのデータを受信するゲートウェイと、EASEL製PC用モニタソフトウェアを組み合わせることで、導入後直ぐに温湿度自動管理が可能。
※ゲートウェイは、COMポートでPCと接続する必要があります。
※PC用モニタソフトウェアはオプション(有料)となります(ソフトウェアはWin版のみとなります)。
PC用モニタソフトウェアの詳細はES920LRTH1取扱説明書をご参照下さい。

製品カスタマイズODM供給可能

ユーザアプリケーションに応じた様々なカスタマイズが可能(*)。
無線ソフト開発、ハード仕様変更、オリジナル筐体開発、オリジナルロゴ印字にも対応可能。
(*)別途カスタマイズ費用は発生します。

取扱説明書

項目 仕様内容
型名 ES920LRTH1
無線方式 920MHz帯 LoRa変調
通信距離 半径0.5~2km(通信環境に依存します)
アンテナ ワイヤーアンテナ
LoRa通信プロトコル プライベートLoRa(EASEL独自)/LoRaWAN
電源 コイン電池 CR2450
温度動作範囲 -20~+80℃(結露なきこと)
外形寸法 87×55×15mm
質量 45g(電池を除く)
測定精度 温度:±0.5℃、湿度:±5%RH
消費電流 通常時:4.5μA
通信時:45mA(ピーク時)

製品に関するお問い合わせ

製品に関してのご質問、ご相談、お見積りの依頼は、以下のボタンからのお問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせはこちら