プライベートLoRaゲートウェイ

プライベートLoRaゲートウェイ ES920LRGW

プライベートLoRaゲートウェイ ES920LRGW

ES920GW画像

※画像にマウスを乗せると、内装が見れます。

ES920LRGW(*1)は、長距離無線方式である920MHz帯LoRaモジュールを搭載したプライベートLoRaネットワーク向けゲートウェイです。
(*1)ケース印字はES920GWとなっております。

 

主な特徴

LoRaの先は、Ethernet(イーサネット)通信

LoRaセンサデバイスから受信したデータをEthernet(イーサネット)経由で自社サーバーやクラウドに通知(*2)できます。
また、USB接続にてパソコンと繋げることにより受信データを取得するといった簡易な使用も可能です。
(*2)HTTP(POST)プロトコルになります。

 

製品カスタマイズ可

ユーザアプリケーションに応じた様々なカスタマイズが可能。
無線ソフト開発、ハード仕様変更、オリジナル筐体開発、オリジナルロゴ印字にも対応可能です。

 

ODM供給

実装済みボードまたは製品としてODM供給可。

製品パンフレット・取扱説明書

製品パンフレットはこちら>>ES920LRGW製品パンフレット
取扱説明書はこちら>>ES920LRGW取扱説明書

 

ES920LRGW 基本仕様

項目 仕様内容
型名 ES920LRGW
無線方式 920MHz 帯LoRa 変調
通信距離 LoRa:半径1~5Km (通信環境に依存します)
アンテナ ワイヤーアンテナ あるいは 外付けダイポールアンテナ
表示LED 電源/無線受信確認/Ethernet送信確認
PC接続 micro USB コネクタ (シリアル変換チップ内蔵)
LoRa通信プロトコル EASEL独自プロトコル(LoRaWAN非対応)にて原則他社との相互接続は不可
電源 ACアダプタ(5V/5A)
温度動作範囲 -20 ~ +80℃

結露なきこと

外形寸法 100.0×65.0×25.0mm

 

お問い合わせ

ES920LRGWに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連ページ

920MHz帯LoRaモジュール ES920LR
920MHz帯LoRaモジュールES920LRはARIB STD-T108に準拠した無線モジュールで、LoRaWAN/プライベートLoRaに活用できます。
LoRaモジュール開発/評価キット ES920LRSDK
LoRaネットワークを構築したい環境でどれだけの長距離通信が実現できるか評価検証したい場合に、LoRaモジュール開発/評価キットは直ぐに通信評価ができます。
プライベートLoRaゲートウェイ ES920GWX
プライベートLoRaネットワーク用のES920GWXは、LoRaモジュール搭載のエンドデバイスから送られてきたデータを3G回線経由でサーバー/クラウドに通知します。
温湿度センシングユニット ES920LRTH1
温湿度センシングユニットES920LRTH1は、ユニット周辺の温湿度を定期測定、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
照度センシングユニット ES920LRI
照度センシングユニットES920LRIは、ユニット周辺の照度を測定、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
人感センシングユニット ES920LRH
人感センシングユニットES920LRHは、ユニット周辺の生物の存在・動きを感知、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
開閉センシングユニット ES920LRM
開閉センシングユニットES920LRMは、取り付けたドアの開閉を検出し、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター) ES920BLE-S1
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター)ES920BLE-S1は、近接数十m周辺BLEデータをLoRaにて数Km先まで通知、またはLoRaで受信したデータをBLEで配信(ビーコン)することを可能とします。
2.4GHz帯Bluetooth Low Energyモジュール ESBLE
ESBLEは、2.4GHz帯のBLE(Bluetooth Low Energy)モジュールです。標準でBLEが組み込まれているスマートフォン、タブレットとの通信インタフェースとなり、そこからLoRaネットワークへと繋げることにより新しいシステム構築を実現するキーデバイスとなりえます。
920MHz帯無線モジュール(ES920)
920MHz帯はLoRaネットワークほど長距離での通信を求めない小規模環境でのLPWAネットワーク構築に役立ちますが、マルチホップによるメッシュ型ネットワークを構築することも可能です。