LoRa温湿度センサ

温湿度センシングユニット ES920LRTH1

温湿度センシングユニット ES920LRTH1

ES920LRTH1

ES920LRTH1画像

※画像にマウスを乗せると、内装が見れます。

ES920LRTH1は、長距離無線(LoRa)モジュールES920LRと温湿度センサを搭載した広域温湿度管理システム用製品です。
小型軽量サイズのケースにCR2450を搭載し、センシング間隔によってはおよそ10年のメンテナンスフリーとなります。
従来、都度目視で行っていた温湿度管理を自動化し、自動的なデータ管理・アラームシステム(メール配信)の構築が可能となります。

 

主な特徴

高精度な温湿度

温湿度センサにセンシリオン製SHT-21を搭載し、バラツキの少ない高精度なデータを取得。

広域エリアでのネットワーク

広い物流センターや倉庫等でも、ES920LRによる長距離無線の特徴を生かした広域なスター型ネットワークの構築が可能。

プライベートネットワークLoRaとLoRaWANのプロトコル選択可能

ファームウェアの書き換えをすることで、プライベートLoRa(EASEL独自プロトコル)とLoRaWANのプロトコル選択が可能。
LoRaWANは日本仕様のVer1.0.2に準拠(*)。
(*)LoRaWAN認証試験取得準備中

長期間のメンテナンスフリー

低消費電力化によりコイン電池CR2450で約10年(*)の稼働を実現。
(*)無線の設定に依存します。

データ管理システム

親機とEASEL製PC用モニタソフトウェアを組み合わせる(*)ことで、導入後直ぐに温湿度自動管理が可能。
(*)親機とPC用モニタソフトウェアはオプションとなります。
PC用モニタソフトウェアの詳細は下記の取り扱い説明書をご参照下さい。

 

ODM供給

ケースまたは印刷表示をユーザー毎のカスタマイズ化を可能とするODM供給またはボードレベルでの提供も可能。

 

製品パンフレット・取り扱い説明書

取扱説明書はこちら>>ES920LRTH1取扱説明書

 

お問い合わせ

温湿度センシングユニットES920LRTH1に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連ページ

920MHz帯LoRaモジュール ES920LR
920MHz帯LoRaモジュールES920LRはARIB STD-T108に準拠した無線モジュールで、LoRaWAN/プライベートLoRaに活用できます。
LoRaモジュール開発/評価キット ES920LRSDK
LoRaネットワークを構築したい環境でどれだけの長距離通信が実現できるか評価検証したい場合に、LoRaモジュール開発/評価キットは直ぐに通信評価ができます。
プライベートLoRaゲートウェイ ES920LRGW
プライベートLoRaネットワーク用のES920LRGWは、LoRaモジュール搭載のエンドデバイスから送られてきたデータをイーサネット経由でサーバー/クラウドに通知します。
プライベートLoRaゲートウェイ ES920GWX
プライベートLoRaネットワーク用のES920GWXは、LoRaモジュール搭載のエンドデバイスから送られてきたデータを3G回線経由でサーバー/クラウドに通知します。
照度センシングユニット ES920LRI
照度センシングユニットES920LRIは、ユニット周辺の照度を測定、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
人感センシングユニット ES920LRH
人感センシングユニットES920LRHは、ユニット周辺の生物の存在・動きを感知、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
開閉センシングユニット ES920LRM
開閉センシングユニットES920LRMは、取り付けたドアの開閉を検出し、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター) ES920BLE-S1
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター)ES920BLE-S1は、近接数十m周辺BLEデータをLoRaにて数Km先まで通知、またはLoRaで受信したデータをBLEで配信(ビーコン)することを可能とします。
2.4GHz帯Bluetooth Low Energyモジュール ESBLE
ESBLEは、2.4GHz帯のBLE(Bluetooth Low Energy)モジュールです。標準でBLEが組み込まれているスマートフォン、タブレットとの通信インタフェースとなり、そこからLoRaネットワークへと繋げることにより新しいシステム構築を実現するキーデバイスとなりえます。
920MHz帯無線モジュール(ES920)
920MHz帯はLoRaネットワークほど長距離での通信を求めない小規模環境でのLPWAネットワーク構築に役立ちますが、マルチホップによるメッシュ型ネットワークを構築することも可能です。