LoRa開発評価キット

LoRaモジュール開発/評価キット ES920LRSDK

プライベートLoRaの評価・開発にES920LRSDK

ES920LRSDKは、プライベートLoRaの通信が簡単・手軽に評価できる開発評価キットです。
外型アンテナタイプのES920LRSDK1と、ワイヤーアンテナタイプのES920LRSDK22種類を用意しています。

 

ES920LRSDK1

(外付けアンテナタイプ)

ES920LRSDK2

(ワイヤーアンテナタイプ)

【同梱内容】

  • ES920EB(評価ボード)×2
  • ES920LRB×2
  • ES920ANT(外付けアンテナ)×2
  • ES920H(アンテナ用同軸ケーブル)×2
  • ミニUSBケーブル×2
  • CD-ROM×1

【同梱内容】

  • ES920EB(評価ボード)×2
  • ES920LRA1B×2
  • ミニUSBケーブル×2
  • CD-ROM×1

 

 

 

<付属CD-ROM同梱内容>

  • ソフトウェア環境説明書
  • コマンド仕様ソフトウェア仕様書
  • ソースコード
  • 実行ファイル(*1)

(*1)SDKに同梱されるモジュールには既に書き込み済みとなります。

 

ES920LRSDKはプライベートLoRa通信での開発/評価が目的のキットですが、LoRaWANネットワークを想定されている場合でも実環境上でいち早くLoRaの通信距離やデータ転送量等の検証に有効活用できます。
また、ES920LRSDKに同梱されたES920LRモジュールは、ファームウェアをLoRaWAN用ファームウェアに書き換える事でLoRaWANネットワークに使用することも可能です。

 

主な特徴

直ぐにLoRa通信の評価可能

SDKに同梱されたLoRaモジュールには既にプライベートLoRa用のファームウェアが書き込み済みですので、お手持ちのパソコンに繋げて直ぐに通信評価をすることができます。

 

ES920LRSDK セッティング

(写真)ES920LRSDK1のセッティング例

 

シンプルなユーザインタフェース

パソコンのターミナルソフトウェア(Teraterm等)から入力したデータを対向のLoRaモジュールに送信すると、対向LoRaモジュール側は、受信したデータを対向パソコンのターミナルソフトウェア上に表示します。

 

コマンドにて無線パラメータの調整可能

無線チャンネル、帯域幅、拡散率といった各種パラメータをパソコンからコマンドにて設定することができます。
設定したパラメータは、リセットすると初期設定値に戻りますが、パソコンからセーブコマンドを入力することで、モジュールの内蔵FlashROMに書き込む(保存する)ことができます。

 

お問い合わせ

LoRaモジュール開発/評価キットES920LRSDK1/2に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連ページ

920MHz帯LoRaモジュール ES920LR
920MHz帯LoRaモジュールES920LRはARIB STD-T108に準拠した無線モジュールで、LoRaWAN/プライベートLoRaに活用できます。
プライベートLoRaゲートウェイ ES920LRGW
プライベートLoRaネットワーク用のES920LRGWは、LoRaモジュール搭載のエンドデバイスから送られてきたデータをイーサネット経由でサーバー/クラウドに通知します。
プライベートLoRaゲートウェイ ES920GWX
プライベートLoRaネットワーク用のES920GWXは、LoRaモジュール搭載のエンドデバイスから送られてきたデータを3G回線経由でサーバー/クラウドに通知します。
温湿度センサユニット ES920LRTH1
温湿度センサユニットES920LRTH1は、ユニット周辺の温湿度を定期測定、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
照度センサユニット ES920LRI
照度センサユニットES920LRIは、ユニット周辺の照度を定期測定し、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
人感センサユニット ES920LRH
人感センサユニットES920LRHは、ユニット周辺の生物の存在・動きを検出し、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
開閉センサユニット ES920LRM
開閉センサユニットES920LRMは、取り付けたドアの開閉を検出し、LoRaにて数km先のLoRaゲートウェイに通知するエンドデバイスです。
GPSユニット ES920LRBG
GPSユニットES920LRBGは三軸センサにてユーザの動きをトリガに位置測位を開始します。また、GPSとBLEを搭載しており、屋外ではGPS、屋内ではBLEにてユーザの位置検出し、LoRaモジュールにて、数km先のLoRaゲートウェイに通知します。
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター) ES920BLE-S1
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター)ES920BLE-S1は、近接数十m周辺BLEデータをLoRaにて数km先まで通知、またはLoRaで受信したデータをBLEで配信(ビーコン)することを可能とします。
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター) ES920BLE-S2
HIBRID ROUTER(ハイブリッドルーター)ES920BLE-S2は、近接数十m周辺BLEデータをLoRaにて数km先まで通知、またはLoRaで受信したデータをBLEで配信(ビーコン)することを可能とします。HYBRID ROUTER2(ハイブリッドルータ2)ES920BLE-S2は、防塵防水、電池駆動に対応する事で様々なネットワークの構築を可能とします。
2.4GHz帯Bluetooth Low Energyモジュール ESBLE
ESBLEは、2.4GHz帯のBLE(Bluetooth Low Energy)モジュールです。標準でBLEが組み込まれているスマートフォン、タブレットとの通信インタフェースとなり、そこからLoRaネットワークへと繋げることにより新しいシステム構築を実現するキーデバイスとなりえます。
920MHz帯無線モジュール(ES920)
920MHz帯はLoRaネットワークほど長距離での通信を求めない小規模環境でのLPWAネットワーク構築に役立ちますが、マルチホップによるメッシュ型ネットワークを構築することも可能です。