IoT 製品

製品情報

超長距離920MHz帯(LoRa)無線モジュール

ES920LR

超長距離無線モジュールES920LR

ES920LRは、920MHz帯にてLoRa変調を採用した超長距離無線モジュールです。
LoRaと弊社EASELの取り組み
広域ワイヤレスネットワーク化をスターネットワークにて構築し、屋外設置にてコストUPとなる中継機を不要とします。
ES920LR(LoRa)を使用したシステム例

主な特徴

超長距離通信

LoRa変調対応のSEMTECH製SX1276を採用。
条件のよい見通しのエリアでは、最大30Km以上の通信を可能とし、市街地エリアでも半径数Km程度のエリアをカバー。
周波数と拡散率の組み合わせによりアプリケーションに応じた設定(伝送速度が可変)が可能。

様々なインターフェースに対応

UART・SPI・I2C・ADC・DAC・GPIOといったインターフェースを使用可能。
MCUにはNXP社製MKL16Z128を採用。

コストパフォーマンスに優れた設計

ES920LRは、回路設計の最適化により周辺部品の削減及び汎用部品の採用を行い、部品コスト/調整コストの低減を図っています。
リーズナブルな価格で提供可能なES920LRであれば、大規模な無線ネットワークであってもトータルシステムコストを低減できます。

 

プライベートネットワークLoRaとLoRaWANのプロトコル選択可能

ファームウェアの書き換えにて、プライベートネットワーク(独自プロトコル)とLoRaWAN(*)のプロトコル選択が可能。
(*)LoRaWAN認証試験取得準備中

 

用途により選択可能なアンテナ

ワイヤーアンテナ/外付けダイポールアンテナ(*)より選択可能。
(*)形状、寸法等は、こちらの「アンテナ資料」にてご確認ください。

 

製品仕様

項目 仕様内容
型名 ES920LR
準拠法 ARIB STD-T108
周波数 920.6~928.0MHz
変調方式 LoRa変調(スペクトラム拡散)
チャンネル数 37ch(帯域幅125kHz以下時)
18ch(帯域幅250kHz時)
12ch(帯域幅500kHz時)
帯域幅 62.5~500kHz
拡散率 7~12
伝送速度 146bps~22kbps
送信出力 13dBm(20mW)以下 ※ソフトによる変更可
受信感度 -118~-142dBm
MCU部 ARM Cortex-M0+
メモリ FlashROM:128KB、RAM:16KB
消費電力 Tx時:43mA(13dBm設定時)
Rx時:20mA
Sleep時:1.7uA
インターフェース UART、SPI、I2C、ADC、GPIO
アンテナ ワイヤー、外付け >>アンテナ資料
電源電圧 2.4~3.6V
動作温度範囲 -40~+85℃
接続端子 26QFN
基板搭載 SMT実装タイプ
外形寸法 24.0×17.0×2.3mm
工事設計認証 取得済(認証番号:006-000412)


上記以外のデータシート、コマンド仕様、開発環境等に関しての情報はこちら

 

お問い合わせ

LoRaモジュール ES920LRに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製品ラインアップへ

920MHz帯無線モジュール

ES920

 

無線モジュールES920

ES920は、RF+MCUチップを搭載しコストパフォーマンスに優れた無線モジュールです。
IoTに必要な様々なセンサ接続に対応可能なインターフェースを持ち、広域ワイヤレスネットワーク用モジュールとして大規模IoT化を実現させます。

 

主な特徴

様々なインターフェースに対応

UART・SPI・I2C・ADC・GPIOに対応。

 

優れたコストパフォーマンス

RFとARM Cortex-M0+が1チップとなったICを採用し、周辺回路の最適化によりローコスト化を実現。
ユーザーボードへの実装はSMT実装タイプのため、ユーザー側実装コストを大幅に低減。

 

Simple軽量な通信プロトコル

通常のIoT化には不必要なWi-SUNを未搭載とし、より確実・レスポンスのよいプロトコルを採用。

 

広域ネットワークを可能とする独自アルゴリズムによる自動ルーティング

様々な条件により最適化する必要のあるルーティングソフトは、自社アルゴリズム設計のため、あらゆる条件下でのチューニングが可能。

 

用途により選択可能なアンテナ

ワイヤーアンテナ/ホイップアンテナ/外付けモノポールアンテナ/外付けダイポールアンテナより選択可能。

 

製品仕様

項目 仕様内容
型名 ES920
準拠法 ARIB STD-T108
周波数 920.6~928.0MHz
変調方式 GFSK
チャンネル数 38ch
伝送速度 50kbps
送信出力 13dBm(20mW)以下 ※ソフトによる変更可
受信感度 -102dBm
MCU部 ARM Cortex-M0+
メモリ FlashROM:128KB、RAM:16KB
消費電力 Tx時:45mA(13dBm設定時)、20mA(0dBm設定時)
Rx時:16mA
Sleep時:1.7uA(タイマー起動)、0.7uA(Deep Sleep)
インタフェース UART、SPI、I2C、ADC、GPIO
アンテナ ワイヤー、ホイップ、外付け
電源電圧 1.8~3.6V
動作温度範囲 -40~+85℃
接続端子 26QFN
基板搭載 SMT実装タイプ
外形寸法 24.0×17.0×2.3mm
工事設計認証 取得済(認証番号:006-000411)


上記以外のデータシート、コマンド仕様、開発環境等に関しての情報はこちら

お問い合わせ

920MHz帯無線モジュール ES920に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製品ラインアップへ

BLE(Bluetooth Low Energy)無線モジュール

ESBLE

Bluetooth Low Energy module

ESBLEは、2.4GHz帯Bluetooth Low Energyモジュールです。
スマートフォンやBLE製品との通信により、現在拡大中である様々なIoT化への要求に答えます。

 

主な特徴

BLEビーコン

ショッピングモール等でのBLEビーコンによる販促情報提供。
インバウンド向け観光情報のプッシュ型提供。

 

BLE製品との通信

増えつつあるBLE搭載製品(体温計・血圧計・体重計等)やBLE搭載リストバンドとの連携。

 

複数アプリケーションに対応

アプリケーションによりセントラル・ペリフェラルを柔軟に切り替える事を可能とし、BLE通信での様々な複数用途に対応。

 

製品仕様

項目 仕様内容
型名 ESBLE
周波数 2.4GHz
変調方式 GFSK/FHSS
伝送速度 1Mbps
送信出力 0dBm
受信感度 -96dBm
MCU部 ARM Cortex-M3
メモリ FlashROM:128KB、RAM:20KB
消費電力 Tx時:9mA
Rx時:8.9mA
Sleep時:0.2uA(Deep Sleep)
インターフェース UART、SPI、I2C、ADC、GPIO
アンテナ チップアンテナ
電源電圧 1.8~3.6V
動作温度範囲 -40~+85℃
接続端子 26QFN
基板搭載 SMT実装タイプ
外形寸法 24.0×17.0×2.3mm
工事設計認証 取得済(認証番号:006-000410)


上記以外のデータシートに関しての情報はこちら

 

お問い合わせ

Bluetooth Low Energyモジュール ESBLEに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製品ラインアップへ

温湿度センシングユニット ES920LRTH1

ES920LRTH1

ES920LRTH1画像

※画像にマウスを乗せると、内装が見れます。

ES920LRTH1は、超長距離無線(LoRa)モジュールES920LRと温湿度センサを搭載した広域温湿度管理システム用製品です。
小型軽量サイズのケースにCR2450を搭載し、センシング間隔によってはおよそ10年のメンテナンスフリーとなります。
従来、都度目視で行っていた温湿度管理を自動化し、自動的なデータ管理・アラームシステム(メール配信)の構築が可能となります。

 

主な特徴

高精度な温湿度

温湿度センサにセンシリオン製SHT-21を搭載し、バラツキの少ない高精度なデータを取得。

広域エリアでのネットワーク

広い物流センターや倉庫等でも、ES920LRによる長距離無線の特徴を生かした広域なスター型ネットワークの構築が可能。

長期間のメンテナンスフリー

低消費電力化によりコイン電池CR2450で約10年(*)の稼働を実現。
(*)無線の設定に依存します。

データ管理システム

親機とEASEL製PC用モニタソフトウェアを組み合わせる(*)ことで、導入後直ぐに温湿度自動管理が可能。
(*)親機とPC用モニタソフトウェアはオプションとなります。
  PC用モニタソフトウェアの詳細は下記の取り扱い説明書をご参照下さい。

 

ODM供給

ケースまたは印刷表示をユーザー毎のカスタマイズ化を可能とするODM供給またはボードレベルでの提供も可能。

 

製品パンフレット・取り扱い説明書

取扱説明書はこちら>>ES920LRTH1取扱説明書

 

お問い合わせ

温湿度センシングユニットES920LRTH1に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製品ラインアップへ

HYBRID ROUTER

ES920BLE-S1

HYBRID ROUTER画像

※画像にマウスを乗せると、内装が見れます。

当社のHYBRID ROUTERは、短距離無線方式であるBLE(Bluetooth Low Energy)と長距離無線方式である920MHz帯無線との組み合わせにより、従来実現できなかった新たなIoTアプリケーションを創造します。

 

主な特徴

BLEの広域ネットワーク化

BLEの利便性と920MHzの広域ネットワークの両立を図った複合通信製品。
BLEの狭い通信エリア(半径20~30m)をより広範囲なエリアでのネットワーク化へ。

 

LoRaモジュール選択による、より広域なネットワーク化

通常の920MHzモジュール以外に超長距離通信が可能なLoRaモジュール搭載の選択も可能。
用途・アプリケーション・使用環境に応じ、広範囲なエリアでのBLEネットワーク化が可能。

 

サービス例

BLEビーコンネットワーク

BLEビーコンの広域ネットワークを構築することにより、
プッシュ型販売促進情報を離れた場所からタイムリーに切り替え可能。
販売促進の更なる高度化を実現。

見守りシステム

市販のBLE搭載製品を使用した見守りシステムを構築。
一定エリア内に複数台設置したHYBRID ROUTERにより、市販のBLE搭載機器との通信にて3Gモジュール等(SIM料金が必要)を使用せず、見守りシステムの構築が可能。

HYBRID ROUTERを使用したシステム例

製品パンフレット・取扱説明書

製品パンフレットはこちら>>HYBRID ROUTER製品パンフレット
取扱説明書はこちら>>ES920GW+HYBRID ROUTER説明書

 

お問い合わせ

HYBRID ROUTERに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

 

製品ラインアップへ

ES920GW/ES920LRGW

ES920GW/ES920LRGW

ES920GW画像

※画像にマウスを乗せると、内装が見れます。

920MHz帯無線モジュールまたは長距離無線方式である920MHz帯LoRaモジュール搭載が可能なゲートウェイです。
920MHz帯でのワイヤレスネットワークのゲートウェイとしてEthernetまたはUSBにてデータを送受信できます。

 

主な特徴

通信環境によりモジュールの選択が可能

920MHz帯の通常モジュール(ES920)、または長距離通信用LoRaモジュール(ES920LR)の搭載選択可能。
(*1)ES920GWにES920LRを搭載する場合には、ES920LRGWとなります。但し、ケース印字はES920GWのままとなります。
(*2)ES920LRを搭載した場合、プライベートネットワークLoRaゲートウェイとして機能します。

 

EthernetまたはUSBでの送受信

サーバーまたはクラウドでの使用やPC接続での簡易使用が可能

独自自動ルーティングソフト搭載

自社アルゴリズムによる自動ルーティングソフトの搭載が可能なため、大規模ワイヤレスネットワークのコンセントレータとして機能可能(*)
(*)本特徴は無線モジュールとしてES920を選択している場合搭載可能であり、ES920LR搭載時には搭載されません。

製品カスタマイズ可

ユーザアプリケーションに応じた様々なカスタマイズが可能。
無線ソフト開発、ハード仕様変更、オリジナル筐体開発、オリジナルロゴ印字にも対応可能。

 

ODM供給

実装済みボードまたは製品としてODM供給可。

製品パンフレット・取扱説明書

製品パンフレットはこちら>>ES920GW/ES920LRGW製品パンフレット
取扱説明書はこちら>>ES920GW/ES920LRGW取扱説明書

 

お問い合わせ

ES920GW/ES920LRGWに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

 

製品ラインアップへ