独居老人見守り

独居老人見守りシステム

独居老人見守りシステム

市街地広域エリア(半径2K~5Km)をLoRaにてネットワーク化し、独居老人宅での安否を確認するシステムです。
LoRaを使用した独居老人見守りシステムネットワーク例

図:LoRaネットワークによる、独居老人見守りシステム

 

 

独居老人宅:BLE(Bluetooth Low Energy)を搭載した家電、人感センサ、ベッドの離床・体動検知センサ等を設置。
自治体/福祉センター:家電の使用頻度、人感センサ等による居室行動有無を確認。一定時間反応がない独居老人宅のアラート検出 ⇒ 老人宅へ確認
LoRaを使用した独居老人見守りシステム

図:独居老人見守りのセンシングと通知例

 

本システムの特徴

  • 3G回線を使用しないため、各宅毎で掛かる毎月の通信コストは0円
  •   (クラウドを使用する場合は、3Gの通信費が掛かります。)

  • 複数のセンシングの組み合わせを使用し、安否状況を確認

関連ページ

屋外広域センシングシステム
LoRaモジュールで屋外の土砂崩れや壁面劣化のセンシングの広域ネットワークを構築します。
徘徊認知症者見守りシステム
徘徊認知症者の見守りは、BLEタグとHYBRID ROUTERにより広域エリアでの見守りシステムとして構築できます。
広域BLEビーコンシステム
BLEビーコンによるPUSH型情報発信システムにLoRAでの広域ネットワークを組み合わせ、様々な地域の商業活動に向けて活用できるシステムです。