LoRa システム例

LoRa活用例

これまでのセンシングネットワークの広域化は3G回線以外では不可能でした。
しかし3G回線は、電話番号が与えられた子機、中継器の通信コスト(SIM料金など)が掛かりますし、また消費電力の大きさから電源供給ユニットについても考慮する必要があります。
この点、LoRa方式であれば中継レスでスター型ネットワークを構築できるため、中継器分のコストが削減でき、子機についても消費電力が小さいためボタン電池で数年動作が可能となります。

 

長距離無線であるLoRa方式は、市街地レベルでも半径2K~5Kmの広域エリアを中継レスのスター型ネットワークにてカバーします。

 

従来のセンシング技術はもちろん、新しいセンシング技術とLoRaによる広域ネットワークを組み合わせることによって、これまでに無い新しいシステムの創造が可能となります。

 

ここでは、LoRaの特徴を活かした無線センシングシステムの活用例を紹介します。

LoRa活用例記事一覧

LoRaモジュールで屋外の土砂崩れや壁面劣化のセンシングの広域ネットワークを構築します。
LoRaの長距離無線と、独居老人宅に設置されたセンサを組み合わせ、広域ネットワークでのシステムが構築できます。
徘徊認知症者の見守りは、BLEタグとHYBRID ROUTERにより広域エリアでの見守りシステムとして構築できます。
BLEビーコンによるPUSH型情報発信システムにLoRAでの広域ネットワークを組み合わせ、様々な地域の商業活動に向けて活用できるシステムです。